歯学部 難病(がん)ユニット

歯学部 難病(がん)ユニット

難病(がん)ユニットとは

研究内容

「口腔がん」は、いまだ原因遺伝子や悪性化因子が同定されていない難病である。我が国では罹患率も死亡率も年々増加する一方であり、近年では年間約8000人が「口腔がん」に罹り、約4000人もの患者が死亡している。本ユニットにおいては、(1) 本学の豊富な臨床サンプルを活用して、大規模な患者データベースを作成し、口腔がんの発症・進展の機序を多角的に解明することを試みる。さらに、得られた知見を用いて、(2) がんの特性を早期に正確に知ることができる診断法を樹立するとともに、(3) がん細胞・腫瘍血管などを同時に標的とした多角的な新規治療法を免疫療法や放射線療法と組み合わせることで開発する。これらの試みにより、患者のゲノム情報などを用いた「口腔がんのPrecision Medicine」を世界に先駆けて樹立することを目指す。

新規診断法(がん間質による悪性度診断)
©INTRACTABLE DISEASE(CANCER) UNIT