歯学部 難病(がん)ユニット

歯学部 難病(がん)ユニット

口腔病理学分野

メンバー

教授

池田 通

講師

坂本 啓

助教

栢森 高

口腔病理学 池田通教授

教授 池田 通

分野概要

病理学とは病気の発生機序、原因,形態変化などを系統的に調べ,その本態を究明する学問です。口腔病理学はその中でも、歯牙、歯周組織、唾液腺や口腔軟組織、顎顔面から鎖骨上組織等の口腔領域の疾病を担っております。当分野では、病理形態学的、分子生物学的、生化学的手法により口腔領域の疾患の発生機序の解明をめざしております。 医学部附属病院病理部と連携し、歯学部附属病院の口腔領域の病理診断を行っております。

研究活動

  1. 1.口腔疾患(口腔癌、歯原性腫瘍)の病理病態の解明
  2. 2.癌微小環境が腫瘍の浸潤・転移に与える影響に関する研究

教育活動

学部教育では、「病理学総論」、「口腔病理学」の2つのユニットを担当しています。「病理学総論」では、近代医学発展の根幹をなし、基礎医学と臨床医学の架け橋である病理学の重要性を認識し、病因論と病態生理を正しく理解し、臨床医学を科学的に理解する能力を体得することを目的としています。「口腔病理学」では口腔領域に生じる疾患の病因、病理発生、病理像について正しく理解するよう指導します。

©INTRACTABLE DISEASE(CANCER) UNIT