歯学部 難病(がん)ユニット

歯学部 難病(がん)ユニット

顎口腔外科学分野

メンバー

教授

原田 浩之

准教授

丸川 恵理子

講師

道 泰之

助教

田中 香衣, 黒嶋 雄志, 島本 裕彰, 平井 秀明, 富岡 寛文

顎口腔外科学分野 原田 浩之

教授 原田 浩之

分野概要

口腔顎顔面領域の各種疾患の診断と、う蝕や歯周病を除く外科的治療を行っている。口腔顎顔面領域の機能温存を通して、全身の健康への寄与できるよう努めている。

診 療

悪性腫瘍、顎関節疾患、口唇口蓋裂、顎変形症、口腔粘膜疾患などの高い専門性を要する疾患に関しては、専門外来を設置して口腔外科専門医が診療に当たっている。

研究活動

  1. 1. 口腔がんに関する研究
    • ・口腔がんの新規治療法および手術術式の開発
    • ・口腔がん発癌のメカニズム
    • ・化学放射線療法の感受性に関する研究
  2. 2. 顎変形症の治療成績に関する研究
    • ・外科矯正術後の形態的・機能的変化に関する研究
    • ・外科矯正術後の顎関節の影響に関する研究
    • ・手術実体モデルの応用に関する研究
  3. 3. 顎関節疾患に関する研究
    • ・顎関節症の症因に関する研究
    • ・間歇ロックの診断と治療法に関する研究
  4. 4. 骨組織再生に関する研究
    • ・代用骨移植材料の開発
    • ・β-TCP や多血小板血漿を応用した骨組織再生に関する研究
  5. 5. 口腔粘膜疾患に関する研究
    • ・口腔粘膜疾患の臨床病理学的的研究
    • ・口腔白板症・扁平苔癬の癌化に関する研究

教育活動

学部教育では、3 年次の医歯学融合教育「頭頸部臨床ブロック」および5 年次の「顎口腔医療」を担当している。
頭頸部臨床ブロックでは眼科· 耳鼻咽喉科· 頭頸部外科· 形成外科· 口腔外科の総論· 各論から構成され、患者参加型講義も行っている。5年次顎口腔医療では、顔面、顎、口腔ならびにその隣接の領域の構造と機能を理解せしめたうえで、この領域に現れる先天性および後天性の外科的ならびに内科的疾患についての講義を行っている。

©INTRACTABLE DISEASE(CANCER) UNIT